【8.京都スイートルーム】

客室には人文的、そしてアートの雰囲気が漂り、その中に中国スタイルの家具の美しさが包み込み、次第に広大なイメージの空間づくりを編み出します。
また、オープンスペースと雑談空間を分離されるため、睡眠スペースが確保されます。
それによって、快適かつオープン感がある部屋に向上し、さらに空間の変化ももたらします。